FC2ブログ
DSCF6804 (1059x1058)

アルケインは足をボツにしてやりなしー
どうもうまくまとまる様子が無かったので一度すっぱり新品から切り刻むことに

それでもこのキット偏平足&短足解消のために8ミリのプラ板の犠牲を必要とするわけなんですが…

このキット…バランスが良いところは良いんですが手がやたらデカい割に足が極端な偏平足とまぁ妙なバランスで成り立ってるんですよね…
まぁ足に関しちゃ元から妙なデザインなんですが…


DSCF6816 (1400x1400)

で、バックパックも接着してようやく形が見えてきました
まぁ本体が全然なんですけどねー ~( ̄∇ ̄)~

後ろのゆでガニは次のページ
DSCF6810 (1400x1400)

外注という名の珍しく発注品
要は頼まれ物ですね ハイ

で、このフレームと蛇腹が思ったより曲者でして(ー_ー;)
まぁ説明書とにらめっこしても構造が若干めんどくさいのなんのって…
腕と似たり寄ったりなのでまぁめんどくさかったのです
どうめんどくさかったかは後ほど


DSCF6844 (1400x1400)

仮組完成~
一部パーツはあえて抜いています

なんでかというと組んだ時抜けなくなったからw
頬のダクトもまさか抜けなくなると思わなかった ブヒャ


DSCF6846 (1400x1066)

とりあえずまずタンクの穴部分がやたら浅いのが気になったのでピンバイスで彫り込みます
右が加工済みで、左が未加工です


DSCF6847 (1400x1400)

このキット最大の難点箇所、爪をゴリゴリ削ります
とりあえずモールドらしきものがありますが生かすとアイアンネイルなのに全く尖っていない
ジムの腹すら貫けなさそうな(ここ重要)ε- (´ー`*)な爪になるので無視してでも頑張って尖らせます
例によって左が加工 右が未加工です
ついでにビーム砲等もピンバイスでちょっと掘ります


で、めんどくさい理由を説明するとデスネw
このキット、構造上、腕の蛇腹と足の蛇腹がそっくりなパーツ使ってるんですよね

プラモ組んだことのある人ならおわかりですね
そう…コイツは

一度ばらして派手にぶちまけると、どこがどこのパーツだか分からないパズル状態に陥るんですw
つまり片腕ずつとか足一本とかゆっくり処理してかないとパズルに陥る危険があるわけです

うーんめんどくさいw
今回が部分塗装で本当に助かった…
全塗装だと装甲スライド部のすり合わせ作業も相成って死ぬw

部分塗装だとスクリュー、爪、フリージーヤード位だからかかる労力そこそこ
まぁシール貼りもあるけどこれまたデカール貼りのいい練習台かな

眠気で目をこすりつつ今回はこれで終わり~(‐q-)

Secret

TrackBackURL
→http://gdgdmokei.blog.fc2.com/tb.php/1078-f51027b3